ツアー紹介 ヨセミテ、ビショップツアー② ビショップ編-1

シグナルクライミングジムの浅利です。

前回① 準備編に続いてビショップ編-1!


12時頃にレンタカーを借り、まずはキャンプ用品の調達と海外で使えるsimカードの調達にREI(アウウドア用品店)とT-mobileのあるショッピングモールを目指します。

通常なら30分程度で到着する距離ですが、ロサンゼルス周辺の交通渋滞は凄まじく2時間以上かかってREIに到着。

キャンプ用品とsimカードを購入し、ウェンディーズで昼食を採ったところで眠気が襲ってきたのでしばらく仮眠し、16時過ぎにビショップに向けて出発🚙

道中も時差ボケによる眠気で気づいたら反対車線を走るなどしていた為、何度も仮眠をとりながらなんとか23時前に宿に到着。

クライマー御用達の宿、ホステルカリフォルニア。世界各国のクライマーが集まってきます。共同キッチンで調味料なども色々と置いてあり、コーヒーは飲み放題。自転車も無料で借りらるので近場での買い物にも非常に便利です。


無料wi-fiも完備でドミトリールームで一泊2500円くらい。4人部屋などもあるのでグループで行く場合も同程度の価格帯で宿泊できます。

チェックインが遅かったので静かにドミトリールームに入り数人と挨拶をかわし、翌日からのボルダリングに備えて就寝。


3/31 翌朝早朝からバターミルクエリアへ!

ホステルカリフォルニアからは車で20分程度で到着。

シエラネバダ山脈が青空に映えていい景色!

荒涼とした道を進んでいくと驚くほどの大きさの巨岩群が!

今回で3度目のビショップでしたが何度来ても景色に圧倒されます。


まずは過去2回のツアーで敗退しているSoul Slinger(V9)へ!


ビショップにしては小さめの卵型のボルダーです。早朝ということもあり気温は低くボルダリングするには最適なコンディション!数トライ目で前ツアーで解決できなかったパートを越え、最後の一手を出すもガバをつかみ損ね落下。その後トライを繰り返すも3手目のピンチ持ちが耐えられなくなり、日を改めて再トライするためにボルダリング初日は午前中で終了することに。


町に戻りスーパーで買い出し。隣にVONSという大きなスーパーもありますがSmart&Finalのほうが加格が安めなのでおすすめです。

売っているものはアメリカサイズでなんでも大きく、ハーゲンダッツはこのサイズ(473mL)が一番小さくて1つ300円くらい。日本では売っていない味も多く、中でもピスタチオ味がおいしい。

ビショップも街中は桜が咲いていました。

夕方はバターミルクエリアに戻り、トポを見ながらトライしたい岩の場所を探すなどしてのんびりと過ごしビショップ初日は終了。



4/1 翌日はバターミルクエリアとは別のSADエリアへ



アップをして幾つかの課題にトライするも、長距離運転の疲れが取れていないのか体の動きが悪く指の調子もいまいち。無理をしてもしょうがないので宿で仲良くなった人たちと簡単な課題を登ったり岩探しをしたりで午前中を過ごし今日のボルダリングは終了。


宿に戻ると先ほど一緒に登っていた方も指が痛くて戻ってきたのでしばし談笑。午後は登れないからトレッキングをするというので同行させてもらう事に。宿から車で数分のところに別のボルダリングエリアがあり、そのアプローチがトレッキングコースにもなっているとのこと。

およそ1時間くらいでボルダリングエリアに到着!遠いアプローチにも関わらず数人の方がボルダリングしていて驚きました😲 エリアを見て回り一休みしてから下山。宿に帰り早めに床に就き翌朝に備えます。


②ビショップ編-1はここまで。

③ビショップ編-2をお楽しみに。



シグナルクライミングジム

 〇アクセス 

 ・地下鉄でお越しの場合:東西線 発寒南駅から徒歩9分 

 ・JRでお越しの場合 :発寒中央駅より徒歩20分 

 ・お車でお越しの場合:札樽自動車道 札幌西ICより3分 

 ・バスでお越しの場合 

 ・バス停:西町北13丁目、西町北7丁目より徒歩5分 

 ☆札幌駅からのアクセス 南北線または東豊線で札幌から大通へ。大通で東西線に乗り換え、宮の沢方面に乗車する。 


〇所在地 〒063-0062 

住所:札幌市西区西町南12丁目1-41 

電話:011-664-2020

HP:http//:signal-climbing.com 


 〇営業時間 

 平日14:00~23:00 

 休日10:00~21:00 

 定休日:月曜日(月曜祝日の場合、火曜休み)



0コメント

  • 1000 / 1000